日本では発売できなかった怖すぎるホラーゲーム「OUTLAST/アウトラスト」のレビューです!

 

おしりです。

今回は「OUTLAST/アウトラスト」という超怖いホラーゲームをクリアしたのでその評価感想を書いていきたいと思います。

先に書いておきますが本作は

ぼくが今までプレイしてきたどんなホラーゲームよりも怖かったです!

怖さを表す言葉で「身の毛もよだつ」だとか「鳥肌が立つ」といった表現はよく見ますがぼくは本作をプレイしてリアルに全身に鳥肌が立ちました。

洋ゲーならではの恐怖演出に興味がある方は続きをご覧ください。

ホラーが苦手な方はある程度覚悟してからご覧ください。

アウトラストって何!?

日本国内ではあまり見ないゲームなのでまずはアウトラストについて少し解説していきます。

アウトラストとはRed Barrels(アサシンクリードの制作会社ubisoftから派生した会社)が開発したホラーゲームで2013年にsteamにて配信、その後2014年にps4、Xbox版も配信されました。

外国産のゲームなので字幕と音声共に外国語(たぶん英語)です。

 

今現在はオプションで日本語にできますが音声は日本語に対応していません。

(そんなにセリフもボリュームも多くは無いので問題は無し)

 

一応ps4といったCS機でもプレイは可能ですが日本国内では発売されておらずAmazonで見た感じ高額なのでsteamで購入するのが無難ですね。

 

それと日本向けにリリースされていない理由ですがこれは恐らくゲーム内での過激な描写でしょう。

本作には火あぶりなどの宗教的な場面、人体の欠損といった暴力的な表現がとてもとても多く含まれています。

しかも病院内のトイレがめちゃくちゃ汚ねぇ・・・・

以上の理由から今後も日本向けにリリースされることは無いと思われます。

そんなアウトラストですが今現在はアウトラスト2が発売されていて新作の「The Outlast Trials」も開発中とのことです。

シリーズに繋がりは無いらしく続編というわけではない模様。

 

ジャーナリストが精神病院の闇を暴くストーリー

では本作のゲーム内容について触れていきましょう。

「マウントマッシブ精神病院」での違法行為について内部告発のメールを受信したジャーナリストである主人公はビデオカメラを片手に本作の舞台である精神病院に乗り込むことになります。

病院内の人物は関係者、患者ともに狂った人間が多く主人公は何人もの謎の男に襲われます。

ゲームを操作している時でもムービーの時でも一人称視点ならではの恐怖が味わえます。

マウントマッシブ精神病院はかなり大きく幾つものエリアがあり男性棟、女性棟、地下通路までも探索することになります。

その道中で回収していく資料や光景からこの精神病院で行われている闇を暴き生きて帰ることが目的です。

 

ストーリーはこんな感じでそれほど多くないボリュームなのかコンパクトにまとまっています。

国産ホラーにありがちな祟り、心霊現象といった要素は無く”狂った人間”や”理解できない人間”の恐ろしさが垣間見える内容です。

謎だらけの病院の全貌を各地に散らばる資料や不気味な光景から見せていくのは面白いですね。

探索型ホラーゲームというゲーム性とうまく嚙み合っています。

一人称視点を活かした最怖最悪なゲーム性

ではアウトラストの心臓ともいえるゲーム性について解説していきましょう。

本作は一人称視点のみで視点の切り替えはできません。

そのせいで敵に襲われる時には前を向いて走るか後ろを振り向いて敵との距離を把握するなどしてうまくやり過ごさなければなりません。

実際のゲーム画面

主人公の持ち物はビデオカメラのみで敵を倒すことは不可能。

なので見つからないように探索をすすめるのが基本となります。

対抗手段をもたない主人公が敵に見つかったときに取れる行動は「逃げる」これだけです。

スタミナという概念は無く走り続けることは可能ですが行動できる範囲は広くなく狭い迷路で鬼ごっこをしているような状況になります。

敵はなかなか諦めてくれないのでうまくロッカーやベッドの下に隠れてやり過ごす必要があります。

この時に主人公を見失った敵がロッカーを開けるんですが隠れている時間は怖すぎてマジで生きた心地がしないです。

主人公の呼吸が荒くなったりロッカーの中から敵が立ち去るのを待つ視点が没入感をもたらしています

 

本作の半分くらいは真っ暗闇で何も見えない通路を進むことになります。

この時主人公にとってはビデオカメラとの暗視機能だけが頼りです。

一寸先は闇な精神病院をこのカメラの光だけを頼りに進むのですが・・・

カメラ越しの映像がシンプルに怖い!!

ずっと心霊映像のような雰囲気!!

この映像には慣れるんですけど探索中急に出てくる狂信者、殺人犯には毎回ビビりました。

途中でカメラを落としてしまう場面があるんですがここでぼくは絶望しました。

「カメラ手放すのだけはダメだって~」と思いながらコントローラー置いて頭抱えました。

ようやくカメラを拾うも液晶がひび割れたりノイズが入るようになったりと恐怖演出増し増しに。

クリアした段階でぼくが思うことは「アウトラストは最初から最後まで怖さが加速し続ける」でした。

 

 

総評するとホラーゲームの頂点

ざっくりですがアウトラストの内容はこんな感じです。

以前から逃げることしかできないことは知っていたんですが実際にプレイしてみると想像していた万倍怖いです。

ずっと一人称視点で進行するところは怪談、ホラー映画とは大きく違いうまくホラー”ゲーム”としての特徴を活かせています。

 

この暗闇をカメラの暗視機能のみで探索しなければいけない。

あの狂った殺人鬼に見つからないように目的地にたどり着かなければならない。

 

このようにゲームを操作することをかなり怖くすることに力を入れていると感じました。

道中何人もの人間に遭遇しますが一方的に主人公を殺しにかかる敵やひたすら壁に頭を打ち付ける男、身体が変わり果てている患者など、誰一人”普通の人”はいません。

場所によっては死体を放置している部屋もあり虫が湧き四肢をもがれ内臓が飛び出ている凄惨すぎる光景は絵的にキツイっす・・・

 

クリアまでの時間はゆっくりやって6時間で難易度はそこまで高くないです。

病院内も迷路のようになっている場所はありますが室内エリアはそれほど広くないので案外迷うことは無く死ななければサクサク進めます。

ホラーゲームとしてはかなり完成度が高いのでありえないくらい怖いホラーゲームを求める方はプレイしてみてください。

ホラー演出は大体こんな感じです。

音量注意!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA