不朽の名作マブラヴオルタの序章マブラヴのレビューです。

   2020/07/15

おしりです。今日は有名エ〇ゲアドベンチャーゲーム『マブラヴ』を紹介しましょう。

ぼくの他の記事でもちょくちょく出てくるこのマブラヴというゲームなんですがここ最近『進撃の巨人』の作者がマブラヴをパクッてたことを認めて有名になりましたね。

おしり『進撃の巨人の元ネタだと、、気になる!』

ということで買いに行きました。

どうやらマブラヴ本編は『マブラヴ』と『マブラヴオルタネイティブ』の2つで完結となっているようでPCの18禁版と後に㎰3、㎰Vitaに移植された全年齢版があるようです。

追記 steamでも販売されてました。

その派生作品がマブラヴの後半と同じ世界観、設定の別部隊の物語、トータルイクリプス。

アニメ化、パチンコ、パチスロ化されているのはなぜか本編ではないこちら。

(マブラヴはともかくトータルイクリプスだけ知っているという人も多いのでは?)

今回は本編であるマブラヴ、マブラヴオルタネイティヴをクリアしたのでそのネタバレレビューとなります。マブラヴ本編は3部作となっていて平和な世界で恋愛をするだけのEXTRA編、主人公が突如異世界に転移して人類の敵と戦うべく軍人となるUNLIMITED編、最終章のマブラヴオルタネイティブの3つに分かれています。

マブラヴオルタネイティヴクリアまでの時間は最低限のルート攻略だけでも75時間かかりました。

ADVゲーム2本分とはいえ長い長いシナリオです。

かなり長くなりましたが本作のシナリオは本当に素晴らしいのでそれを伝えるために当ブログにて感想、解説をさせていただきます。

EXTRA偏

まず初めにプレイするEXTRA偏。

主人公白銀 武(しろがね たける)の視点で学生生活を送るアドベンチャーゲームとなっています。攻略対象は5人(PC版では先生を含む6人だそう)ですが

幼馴染の鑑 純夏(かがみ すみか)と

 お嬢様の御剣 冥夜(みつるぎ めいや)


を攻略すればマブラヴUNLIMITED偏がプレイできるそうなのでとりあえずこの2人のエンディングを目指します。

うわぁ、、絵が古い、、、

と、思いながらも実際10年以上前のエロゲーだししゃーないと割り切ってとりあえず1週終わらせたんですがこの時点での印象は『めっちゃ想像通りのエ〇ゲー』。

失礼ですが恋愛ゲームが好きじゃない人は1週目だけちゃんとやって2週目は早送りでいいと思います。

それほどシリアスな展開も無く大半は平和な学生生活で女の子たちといちゃついてるだけなので退屈に感じます。

もっと詳しく書くべきなんだろうけどほんとに平和な日常を淡々と読み進めるだけだからぼくにはこれ以上何を書けばいいのかわからないよ・・

とはいえこの段階で伏線を張り巡らせているので面白くなくても絶対やらないとダメだなと思いました。

余談ですがEXTRA編の舞台は同じ制作会社アージュの作品である「君が望む永遠」と同じ、白陵大付属柊学園。

こちらもアニメ化されておりリメイク版の制作が検討されているようです。

ぶっちゃけ今でもこの古い絵には抵抗があるのでもしリメイク版が発売されたらいい機会なのでプレイしようと思っています。(面白いらしいし)

UNLIMITED偏

そんなこんなでUNLIMITED偏、ここから第二幕です。

マブラヴEXTRA編の終盤である10月22日から始まり、武が朝起きると世界は荒廃していました。

その世界では武の通う学校は国連軍横浜基地という人類の敵と戦う施設となっていました。

基地では武が転移したこの世界が宇宙からの侵略者『BETA』という存在によって人類は滅亡の危機に陥っていること、

武が元いた世界と転移したこの世界はBETAによる侵略を受けているか否かで分岐した「並列世界」であるということ、

元の世界の人物はこちらでも存在していて基地で出会うのですがなぜか純夏だけが存在せず純夏と関係がありそうな社霞(やしろ かすみ)という女の子がいることを知ります。

この社霞という女の子は基地内の人間にも公開されていない部屋に脳髄と一緒に暮らしています。

異様な光景で重大な何かだと思われますがそれがわかるのはかなり先のお話。

今現在の状況は人類の60%が死んでいて10年以内に人類の滅亡は確実。

つまり、

いきなり絶望的な世界に放り込まれてしまったことを知ります。

元のEXTRA世界に帰る手段も無ければなぜ自分が転移したか原因もわからない。

そんな状況で武は元の世界へ帰る手段を探すために基地のトップである夕呼先生のもと訓練兵となります。

登場人物はEXTRA偏と同じ人物がほとんどですが武が元いた世界とは立場や育った環境が違うためみんな性格や雰囲気がなんとなく変わってます。

そんな中「戦術機」というロボットに乗ってBETAと戦える1人前の軍人になるまでがUNLIMITED編です。

↑戦術機↑

最初はヘタレだった武ですが訓練と元の世界に帰りたい一心で屈強な男になります。

そして季節も変わり12月、武達訓練生は

地球を放棄することを知らされます

あまりにも急すぎる知らせ。

実は武が訓練生としてトレーニングや人助けをしている間に横浜基地では夕呼先生により人類最後の希望である「オルタネイティヴ4」という計画が進められていました。

しかしこの計画はあと一歩のところで完遂できず、司令はオルタネイティヴ4の完遂をあきらめ地球を放棄し異星へ旅立つ計画「オルタネイティヴ5」を始動させます。

この計画で地球を離れられる人類は十数万人、しかも遠く離れた星へたどり着ける保証はありません。

残りの人類は時間稼ぎのため地球に置き去り、もちろん武達軍人は計画のため地球にてBETAと交戦することとなります。

霞はオルタネイティヴ5で異星へ旅立つ予定ですが脳髄だけが置いてある部屋から離れようとしません。

説得していると純夏の言葉としか思えないしゃべり方をします。

結局転移した世界で武は純夏を見つけられないまま霞が純夏と何らかの関係があるという確信だけ得てエンディング。

 

その後2年間BETAと戦い元の世界に帰る手がかりすらつかめず戦死します。

総評

作中では何度もBETAがヤバイ!BETAまじで強いよこれどうしようもないよ!って言われるんですUNLIMITED編ではが結局1回もBETAと戦う事なく終わります。

純夏の行方、武が転移した理由、人類の希望、オルタネイティヴ4とは何だったのか?等何も解決してません。それどころかラストで謎が深まるという展開。

ここまでがマブラヴの内容です。UNLIMITED編からシリアスな場面が多くなっては来るんですが所詮は訓練生なので敵との死闘は無くEXTRA編の名残か女の子といちゃつくシーンも多くありそれほど面白くないんですよね。

終盤のほとんど終わりまで進めた段階でようやく本筋にかかわる話になってくるのでこの1本は序章にすぎません

マブラヴという作品の面白さはオルタネイティヴに凝縮されています。

このままオルタネイティブ編まで書いてしまうつもりではあったんですがさすがにADVゲーム2本分、75時間分の内容なのでこれで一旦区切ります。

次回のオルタネイティヴ編はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA