完全版となって帰ってきた「ドキドキ文芸部プラス/ddlc plus」のレビューです!

 

おしりです。

今回はあの伝説の神ゲー”ドキドキ文芸部”の新作「ドキドキ文芸部プラス/ddlc plus」をクリアしたのでレビュー記事を書いていきます。

対応機種はPC版に加えてPS5、PS4、Switch、Xbox Oneとかなり幅が広がりました。

どの機種でも内容は同じですがぼくはswitch版を買いました。

当ブログでドキドキ文芸部(以下DDLC)という作品について触れるのも今回で4回目なので基本的なことは知っている前提で話を進めさせていただきます。

なのでゲームの内容よりかは無印版と今回のplus版との違いや追加要素について重点的に触れていきます。

 

過去記事が気になる方ははこちらより飛んで拝見してみて下さいな

ドキドキ文芸部ネタバレレビュー

ドキドキ文芸部CykaDev氏のMOD2作品

ドキドキ文芸部短編MOD3選

無印版からの追加要素

プラス版での主な追加要素は4つで

新規BGMを含め26曲の収録

ラフ画や新規CGを含めたアートワーク

全アートワークのHD化

サイドストーリーの追加

です。

CS機に移植された関係かDDLC本編とはまた別にPCのデスクトップ画面が追加されています。

この仮想PCのような画面がホーム画面となりここから本編やサイドストーリー、アートワークをを閲覧することができます。

あと余談ですがswitchの場合このホーム画面はタッチ機能対応です。

アートワークは本編で見られる詩やCGだけでなくDDLCを制作する段階で作成された各キャラクターの初期デザインや記念イラストが閲覧可能です。

ぼくの心のすべてを奪ったのはこの1枚です。

素人目では変化に気づきませんでしたがフルHDされているせいか余計綺麗に見えました。

 

文芸部員の関係を補完するサイドストーリー

追加要素で1番大きな部分はサイドストーリーです。

このサイドストーリーはDDLC本編の主人公が文芸部に入部する前の話であり本編で語られることのなかった「主人公がいない文芸部」を描いた内容です。

サイドストーリーはモニカが文芸部を立ち上げモニカ、サヨリ、ユリ、ナツキが文芸部に馴染むまでの友情を描いたものです。

こちらはホラーやメタ要素で世界中を驚かせた本編とは大きく違いコミュニケーションが主なテーマとなっています。

なのでDDLC本編のように最高に希少な体験はできないのでホラーや天才的な演出を求める人にとっては拍子抜けする内容かもしれません。

簡単に説明すると皆さんが人生で初めてこの画面を見たときの「かわいい女の子達が文芸部でほのぼのするんだろうな~」という予想、その予想通りの内容です!

とはいえAct3にて削除されたモニカが言った「私・・・・・・文芸部が本当に大好きだった」というセリフやモニカがピアノを弾くようになったきっかけなど本編を補完する要素もあるので”DDLCが本当に好きなら”そこそこ楽しめる内容だと思います。

ぼくは本編にてあれほどのことをやってしまったモニカが「私・・・・・・文芸部が本当に大好きだった」と言うのは不自然に感じたので1年間のもやもやがすっきりしました。

 

それと話が脱線しますがDDLCAct2のようなホラーな雰囲気で本編に大きくかかわるサイドストーリーを楽しみたい人にはMODがおすすめです。

特にCykaDev氏の「DOKI DOKI! RAINCLOUDS」は非公式とは思えないクオリティです。

こちらはPCでしかプレイできないのでこの話はこの辺で。

独自の演出をCS機へと落とし込んだ本編

お次はDDLC本編について、こちらはエンディングが追加されたりフルボイス化したりといった大きな変化は無く

ただの移植です

なので新しい要素を楽しみにしていた人にとっては残念ですが既に何週もしている人はあまり楽しめないと思います。

ですがモニカが黒幕であることを考えながら読み進めていく2周目以降も案外新しい発見があったりして楽しめました。

これはぼくがDDLC好きだから書くので参考程度にしてほしいんですがDDLCの2周目は普通に面白いです。

既にDDLCをプレイ済みの人ももう1度クリアしてみてはいかがかな?

 

総評すると完全版ドキドキ文芸部

本作ドキドキ文芸部プラスの主な内容は以上ですね。

タイトルにも書いてある通りドキドキ文芸部”プラス”なのでリメイクでもなければ続編でもありません。

よって本編に細かい違いはあれどほぼすべてがリリース当初のDDLCと同じ内容です。

なのでPCで実際にプレイした人やYouTubeの動画などを観て既に満足している人にとっては物足りない内容かもしれません。

正直に書いてしまうとモニカ、サヨリ以外の部員についてもう少し追加エピソードが欲しかったです。

例えばナツキの「パパに殺される」発言やパパに対しての願望を書いた詩から読み取れるようにナツキと父親の関係性は問題がありそうです。

こういった本筋では描かれなかった闇が深そうな設定についての個別ルートが欲しかったです。

 

ですがCS機になったことでPC版では面倒だったインストール、データの削除、再インストール、そして日本語化パッチの導入といった面倒な手間が無くなったのでDDLCをプレイするための敷居は大幅に下がりました。

こんな人におすすめです!

DDLCを何も知らないけどPCでしかプレイできなくて手を出せなかった人

DDLCのアートワークやBGMが好きでDDLCをより深く知りたい人

文芸部員が幸せに過ごす世界を観たい人

 

これを機に多くの人にあの衝撃を味わってほしいです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA