【ネタバレ無し】良bgmだらけのマッドラットデッドが難しいながらも面白い!!

 

おしりです。

今回ぼくが紹介するゲームは日本一ソフトウェアより発売された

新作リズムアクションゲーム

 

マッドラットデッドです!!

 

対応機種はswitch/㎰4でパッケージ版、ダウンロード版両方が在るので気になる方はお好きな方法で買ってみてくださいな。

余談ですがぼくはスイッチのパッケージ版にしました。

(冬はこたつで寝ころびながらゲームしたい!)

とはいえ、ゲーム性と難しさの関係で寝転がってクリアできるような内容ではありませんでした。

プロコンをお持ちでない方は㎰4のコントローラーでしっかり腰を据えてプレイすることをお勧めします。

ゲーム終盤の内容については日本一ソフトウェアさんから配信しないでくださいとのアナウンスがありますのでその辺はネタバレなしで書いていきますのでよろしくお願いします。

狂ったネズミの最後の一日を描いたストーリー

本作は主人公であるネズミが解剖されるシーンから始まります。

カートゥーンアニメな絵柄とはいえネズミの内蔵が飛び出してくるのでグロ描写にご注意を。

ちなみに本作はこんな感じのグロ描写はしょっちゅう出てくるので内蔵が苦手な人にはきついかも・・・

どうやらこのネズミは死んでしまったようで最後に自分を実験動物として扱った人間に対し大激怒します。

そんなネズミの目の前に突如現れたのが「ネズミの神様」。

ネズミの神様は主人公「マッドラット」に最後の一日をやり直させてくれるといいます。

マッドラットはこのネズミの神様の力によって時間を巻き戻す力を手に入れ最後の一日で人間を殺すことになります。

ネズミの神様の正体や時間を巻き戻す力等々、プロローグから気になる部分はありますが ネズミの復讐劇という面白そうな始まり方や熱いセリフの数々のおかげでぼくの目はスイッチの画面に釘付けです。

道中は相棒の「ハート」と喧嘩したり協力したりしながら復讐を目指します。

自分の心臓が喋ったことに驚いていますが生き返ったり時間を巻き戻したりしているところを見た後なので全国のプレイヤーはマッドラットほど驚きはしなかったでしょうね。

 

基本的には主人公のマッドラット、相棒のハート、ネズミの神様のトリオを中心にストーリーが進行していきます。

マッドラットが生き返ってから過ごす最期の一日はそりゃもう本当にいろんなことが起こります。

ネタバレ防止のためこれ以上はのことは書けませんが復讐劇からは想像もつかないようなエンディングを迎えますので見てのお楽しみです。

 

めちゃ難しいリズム×横スクロールアクション

お次は本作の一番の特徴であるゲーム性について。

本作はステージクリア型の横スクロールアクションにリズムゲームの要素を加えた独自のゲーム性となっています。

これについては説明するよりも動画で見た方が速いでしょう。

こんな感じです。

下のリズムゲーム部分は最初から最後まで一定のリズムというわけではなく途中で何度かテンポが速くなったり遅くなったりしますしステージを進んで行くと敵や罠だらけです。

しかも1回ミス(敵に当たる水に触れる、落ちる等)すると即ゲームオーバー。

巻き戻しの能力でミスする直前からやり直せるので再スタートはすぐにできますが、それを加味してもかなり難しいです。

 

とはいえ結構ガチでBGMは良いものが多く慣れてくるとサクサク進められるようになってきます。

リズムに合わせてステージをサクサク進められるようになれば最高に楽しいです。

この面白さはマッドラットデッドでしか体験できないものなので少しでも気になる型はぜひとも体験版だけでもやってみてほしいレベルです。

ボス戦においては強制スクロールや多対一といった具合に通常のステージとは違う戦い方で尚且つボス一体ごとに特徴がありこれもまた面白い。

 

総評

とっても面白かったです。

これはぼくの中では85点ぐらいつけてもいいレベルですね。

本作の大きな魅力は独自のゲーム性、唯一無二のネズミ主人公の熱いストーリー、ほとんどすべてが良い意味で印象に残るBGM。

 

ストーリーモードではこの3つの要素がこれ以上ないくらいにうまく嚙み合っています。

ボリュームは少ないですが(日本一ソフトウェアあるあるですが)上記の3つでおつりがくるレベルの面白さといっても過言ではないとぼくは思います。

というかぼくはテンポの良いストーリー展開が好きなのでボリューム的にはこれぐらいがちょうどいいと思いました。

何だかんだで何回も死んじゃう死にゲーなのでボリュームが多すぎてもあまり意味はなかったのかなと思います。

リズムアクションという独自のゲーム性はめっちゃめちゃ難しいながらも慣れるほどに面白くなるので難しいからといって投げ出さずにぜひとも最後までプレイしてエンディングを迎えてほしいですね。

そしてクリアした人には「トキソプラズマ」についてGoogle先生で調べてみてほしいです。

 

今現在はサントラも発売されているのでもし在庫があればサントラ付きを買ってみてはいかがですかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA