【精神的恐怖】トラウマになるゲームの自殺シーン5連発!!

   2021/01/08

芸能人や身の回りの人間が自殺したという心苦しい話は年を取ると誰しも聞いたことがあると思います。

ぼくも今現在24ですがテレビ以外で自殺の話を聞いたことは2回ほどあります。

当然それらは壮絶ないじめで成人を迎える前に首を吊ったり不倫がバレて妻に合わせる顔が無く自ら命を絶ったりと聞いていて気分が沈む内容です。

ですがあえて自殺という重いテーマを扱うので心の準備はしておいてください

今回はぼくにとって印象に残った「ゲームの自殺シーン」を紹介するのでかなり鬱な内容となります。

ネタバレも含みますので覚悟のうえで見ていってください。

serial experiments lain

シリアルエクスペリメンツレイン

鬱ゲー、プレミアゲームとして超有名なPS用ソフト、レイン。

そのゲーム内容としては音声記録とムービーを再生しそれを視聴するだけという単調なもの。

しかしその内容はものすごく難解、それでいて陰鬱な雰囲気、グロシーン、人間が狂う過程といった頭がおかしくなりそうな要素がてんこ盛りです

終盤にて主人公の玲音(れいん)は「自分の存在を証明するのに必要なことは認識であり肉体は必要のないもの」

という結論に至ります。なので玲音は路上にて

拳銃を咥え自殺を実行します。

それまでは無表情で感情を表に出すことの少なかった玲音でしたがこの自殺シーンでは拳銃を口にくわえて数秒、手が震えています。

その後深呼吸して発砲するのですが自殺に対する描写にゾッとします。

こうして主人公が自殺するという形でエンディングを迎えるのですがどこからともなく聞こえてくる玲音の笑い声が不気味。

玲音以外にも同じ方法で女子高生が自殺するシーンがありますがこちらもかなり狂気じみていて怖い。

ゲームの発売後にアニメが製作されていますがアニメは色々とマイルドなので本作の狂気を覗きたいならゲーム版を拝見してくださいませ。

もちろん昔のゲーム特有のヤバいシーンが多いからそれなりの覚悟は必要ですぞ

ユーノ

浴槽のお湯が赤い

数十年前に発売された「この世の果てで恋を唄う少女yuno」

タイムリープ&恋愛の要素をゲームという形で完成させているアダルトゲーム

ぼくがプレイしたのはリメイク版です。

 

本作は序盤に起きる謎だらけの事件の真相を突き止めるために時間遡行を繰り返しながらヒロインの攻略、メインストーリーを進めるADVゲームです。

ループ物の定番といえばそれまでですが本作もシュタゲやリゼロのように主人公が何度も失敗しながら全員が生存するルートを目指す物語です。

今回紹介するのは主人公とは血のつながりのない母親有馬 亜由美のバッドエンドルート。

亜由美さんはジオ・テクニクスという会社で主任として働いていて海岸での工事の責任者でもあります。

作中では海岸での工事中に何度も落雷事故が発生、けが人だけでなく死亡した人もいるかなり大きな事故。

現場監督である豊富はこれらを上司である亜由美さんの指示だと言い張りすべての責任を亜由美さんに押し付け自分だけは助かります。

となると工事の責任者である亜由美さんが相次ぐ事故の責任を取らされるわけで遺族の方や事故に反対していた人たちが会社へ突撃。

必死の説得もむなしく亜由美さんは罵声を浴びせられこのようなことに・・・

さらに追い打ちをかけるようにテレビでも落雷事故について言及。

その内容は亜由美さんをさらに追い込みました。

だけど災難は終わらない。その次の日の夜にはヤクザに脅迫され会社の重要書類を持っていかれます。

(この町治安悪スギィ!!)

立て続けに不幸が続いて亜由美さんはこうなります。

まああれだけのことがあったらたぶんぼくでも泣きますわ・・・

翌朝には豊富に呼ばれ出社する亜由美さん。

なにか事件があるときには必ず表れる現場監督の豊富、嫌な予感しかしないのでどうにかジオ・テクニクスに侵入し亜由美さんを見つけますが・・・

嫌な予感は的中しました

もちろん止めに入りますが主人公は豊富は今までの悪行をしらばっくれ逆に脅してきます。

不法侵入である主人公にできることはなく何もできずに退散となりました。

結局何もできずに家へ帰ることになる主人公でしたが家に入るとリビングから何やら声がします。

リビングではなんと、、

また豊富が亜由美さんを襲っていました!!

殴りかかろうとしても亜由美さんは豊富をかばいもうどうでもよくなった主人公は家を飛び出します。

しばらくして頭を冷やし家へ戻りお風呂場にいる亜由美さんに話しかけます。

が、なぜか応答がなくここでもまた嫌な予感が

お風呂場に突入すると

自殺してました

ここまでかなりざっくりと解説しましたが実は元凶である豊富はクビになります。

なので落雷事故の件で亜由美さんが罵声を浴びせられることは今後なくなるんですがその頃には亜由美さんが自殺しちゃうという最悪な結末。

追い詰められて自殺するパターンでその追い詰められる描写を徹底的に見せられるとてつもなく鬱なルートです。

深夜廻

チュートリアルで・・・

日本一ソフトウェアのホラーADV「深夜廻」

ボリュームの少なさを補って余りある完成度でぼくの1番好きなホラーゲームでもあります。

ゲームの始まりは赤黒く不気味な山奥。

ここでは移動やアクションのチュートリアルが始まります。

少し進んでいったところで行き止まりに・・

テキスト通りに箱を持ち上げて操作していくんですが・・

 

首を吊ります

ここまでが深夜廻のチュートリアル。

首吊りが急すぎてびっくりしますしこの首吊りとテキストにも実は恐ろしい設定が隠されていたりとかなりの衝撃でした。

「いくらホラーゲームでもチュートリアルでは死なないだろう」そんな先入観を持っている人ほど度肝を抜かれます。

本作においてはメニュー画面なら敵に襲われないというゲームの暗黙のルールすら破ってきます。

かわいい絵柄とはかけ離れたエグイ演出が多くそれが魅力でもありますね~

 

パワポケ10

人間不信

彼女攻略のバッドエンドにおいて非常にホラー、鬱な内容が多いパワポケシリーズ。

今回はパワポケ10に登場する彼女候補「さら」の紹介です。

さらは主人公と同じ高校の生徒で屋上へ行くと出会えます。

しかし出会った段階では人間不信に陥っていて誰とも仲良くしていません。

幼少時代に母親が死亡していてその後父親の会社は倒産し多額の借金を背負います。

その借金が原因で姉は高科という家に養子に出て行ってしまい平凡な人生からある日突然父親と二人だけになってしまいます。

これが人間不信になってしまった原因です。

屋上での会話も主人公のことを完全に信用しているわけではないと言ってしまったりとかなりの重病。

ですが10主人公はほかのシリーズと比べて高校生らしいおバカな性格なので何度も屋上で会話をしていくうちに打ち解けていきます。

そのまま主人公との出会いによって人間不信から立ち直れるかのような展開だったんですが3年目にさらの父親が事故で意識不明の重体に陥ります。

このことが原因でさらは自殺を図ります。

急いで屋上へ向かいさらを説得する主人公ですがここで条件を満たせていないとバッドエンドに突入してしまいさらを助けることができません。

最後に笑顔で話してくれますが嫌な予感しかしませんよね?

バイバイと言いながら主人公の目の前で飛び降ります。

これ以降さらと会うことはなくクリア後にはさらの墓が登場するため死亡していることが確定。

主人公はこの事件が原因で精神が崩壊、姉は墓の前で泣いています。

描写されてはいませんがさらの父親も意識不明の重体なのでもしも目が覚めたらさらが自殺したことを知るのでさらと同じく父親も自殺しちゃうかもしれませんね。

結末としてはさらに関わった主人公、姉、父親の3人が不幸になるという野球ゲームでは前代未聞の鬱エンド。

今に始まったことじゃないけどパワポケのバッドエンドは少しやりすぎです。

 

ドキドキ文芸部

私の告白を受け入れてくれますか?

無料でありながらものすごい作りこみのホラーADVゲーム「ドキドキ文芸部」「DDLC」。

本作は精神的恐怖を含む表現が多く1週目のラストから血と意味不明なテキストが多くなります。

文芸部の1人であるユリはナイフで自分の体を傷つけることに快感を覚え主人公のいないところで自傷行為を繰り返している模様。

明らかにやべえやつなんですが2周目のラストにてとうとう告白されます。

この後の選択肢ではどちらを選んでも目の前で自殺するんですが今回の記事の最後は動画でご覧ください。

これには全プレイヤードン引きです

とりあえず今回はここまでです。

他にもシュタゲや龍が如くなんかが候補にありましたがぼくにとって特に印象に残った自殺シーンはこの5つ。

「自殺」だけに限定して紹介してみましたが案外ゲームの自殺シーンは多いです。

他殺と違って自殺は周りの人間も不幸にしてしまうことが多いので自殺シーンと鬱展開はほとんどセットみたいなものですね。

ちなみにこの中で1番怖かった作品はレインでプレイすることをお勧めするのはドキドキ文芸部です。

狂ったゲームほど考察の余地があって面白いですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA