ライブで世界を救うRPG⁉幻影異聞録♯FE Encore

 

おしりです。

この度わたくしはまた1つおしゃれRPGをクリアしてしまいました。

そのおしゃれRPGは

幻影異聞録♯FE Encore

いや~WiiUで発売されてからこの日までずっとやりたかったんですよ。

だけど諸事情で本体ごとWiiUのゲーム全部売っちゃったから約4年間芸能活動にあこがれながらもやもやしてました。

元々はWiiUで発売された本作なんですが今回追加要素を加えた完全版、Encoreバージョンとしてswitchに登場しました!!!

本作の大きな特徴はなんといっても女神転生やペルソナシリーズの生みの親「アトラス」とあの人気ゲーム「ファイアーエムブレム」を融合させているという点。

更に物語の本筋が主に芸能というRPGにしては非常に珍しい唯一無二の作品となっております。

とはいえアトラスがFEの楽曲、キャラデザを借りて制作した作品なのでゲーム性はFEというよりペルソナにかなり近いです。

一言でいうとFEを借りたアトラスRPG

ストーリー

劇場にて起きた1000人以上の人間が同時に消える謎の事件「こけら落とし消失事件」この事件を起こした原因は異世界からの侵略者「ミラージュ」という人類の敵でした。

その事件から5年後が本編となり主人公であるイツキと幼馴染のつばさはこけら落とし事件と似た状況に遭遇し異世界「イドラスフィア」へと迷い込みます。

そこではミラージュが人間を襲うことが判明、つばさとイツキはミラージュに対抗するべく「ミラージュマスター」となり異世界の住人であるクロムやシーダとともに敵と戦うことになります。

主人公 イツキ

幼馴染 つばさ

その後ミラージュに対抗するためには芸能の力(歌とかダンスとか)が重要ということを知り芸能事務所「フォルトナ」に所属してミラージュの野望を阻止するという物語です。

フォルトナに所属するみなさん

この絵柄といい雰囲気といいおしゃれ感が溢れてる!!!

芸能がメインである点はかなり特徴的で珍しいですが大まかな流れはドラクエのように悪い奴らを倒して世界を救おうぜ!という王道なものです。

 

芸能の話が主軸ですが特に小難しい用語や展開は無くだれでも楽しめるであろう内容です。

枕営業だとか干されるといった展開は無くお子様でも安心してプレイできます。

ぼくは普段テレビとか見ない人間ですけど案外楽しめました。

よっぽど歌や踊り、テレビ番組が嫌いとかじゃない限りまあまあな面白さですよ

 

 

 

完成度の高い戦闘システム

ゲーム性に関してはかなりしっかりしたRPGとなっています。

戦闘は3人パーティで画面上部に表示されているアイコンの順に行動できるFF10にかなり近いコマンドバトルシステムです。

そこに女神転生やペルソナでおなじみの敵の弱点を突いて大ダメージを与え続けるという要素が加えられています。

敵の弱点を突くとそれに応じて仲間が追撃してくれます。

この追撃はなんの消費もなく自動で発動されるため弱点を突きまくることで戦闘を有利に進められます。しかも動きがスタイリッシュ!!!

しかしながら敵に弱点を突かれてこちらが追撃を受けることもあります。

本作は4人ではなく3人パーティなのでそのまま反撃できずに全滅なんてことも割とよくあるパターンです。

難易度ノーマルでもしっかり育成しなければボスどころか雑魚的にも苦戦を強いられるので決してぬるくはないです。

とはいえこちらが強くなれる要素はかなり多いのでサイドストーリーやスキルの習得、強化でドンドン強くなっていくのかなり面白いです。

ちなみに戦闘中でも歌ったり踊ったりと文字通りライブ感満載ですのでそこはかなり好みが分かれると思います。

このスキルに至っては本当にいきなり飛び回りますからね。

なぜライブすることで敵を倒せるかというと芸能とは神事の舞の起源で神降ろしの儀式だからだそうです。

つまり、ミラージュという存在はライブすると倒せる敵なのです!!!

正直その辺はよくわからなかったけどそれで困ることもなかったので大丈夫です

 

 

 

サブストーリー

おしゃれRPGである本作は戦闘以外にもフォルトナのメンバーの悩みを解決したり武器を強化したりと忙しいです。

サブストーリーでは各キャラクターごとにミッションが発生しそれをクリアすることでパーティ外からの追撃をしてくれたり確率で強力なスキルを繰り出せるようになったりとまあ一言でいうとパワーアップイベントです。

サブストーリー完遂後のスキルは全体攻撃の体制無視というぶっ壊れといっても過言ではないくらい強い!!!(まあ発動するかはランダムですけどね)

もちろんパワーアップだけでなく衣装の追加や各キャラクターの掘り下げなどメインストーリーと同じぐらい重要な部分でもあります。

逆にいうとこのサブストーリーぐらいしか大きな出番のないメンバーもいるのでこのゲームをプレイする機会があれば積極的に進めることをおすすめします。

フォルトナのメンバーはなぜか女の子が多いのでメインストーリーからは想像もつかないほどハーレム状態を体験できます。

総評

かなり面白かったです!!!

女神転生の育成システム、ペルソナ5のゲーム性を足したような1本でなおかつ芸能の話がメインというゲームとして珍しい要素を加えた良作です。

 

前述したとおり敵が強い歯ごたえのあるRPGですがレベル、サブストーリー、武器強化によるスキル習得で戦うごとにドンドン強くなっていきます。

メンバーが強くなっていく事もそうですが戦闘中の動きがとにかくカッコイイのでキャラの育成がめちゃ面白い。

FE要素についてはそれほど多くはないですがラストにファイアーエムブレムのテーマを披露するという展開には感激しました。

しっかり盛り上げてからのラストバトルという素晴らしいクライマックス

他作品とのつながりもほとんどなくこの1本で綺麗にまとまっていてわかりにくい描写も無い誰がやっても楽しめる作品。

特にペルソナやRPG全般が好きな人には強くお勧めできます。

いたるところでジャックフロストが出てきますし。(本物はいないけど・・)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA