人狼SFループADV「グノーシア」が神ゲーでした。

   2020/05/30

ここ最近では珍しくお早い更新のおしりです。

今回ぼくがクリアしたゲームはこちら!!

グノーシア!!

人狼SFループアドベンチャーゲームという世にも珍しいジャンルの本作、元々はVita専用ソフトだったのですがswitchに移植されたおかげでVitaをもっていないぼくもようやっと手を出せました。(前から気になってたのでswitch版発表からクソ楽しみにしてました)

人狼ゲームについては知ってることを前提で進めさせていただきます。

本作も1日ごとに人間か人狼か調べられる「占い師」や守りたい人を人狼から守れる「騎士」といった役割は違う名前で存在します。

 

最初の展開だけざっくり説明させていただきますと、

 

舞台は宇宙船の中、そこでは人間を襲う謎の存在「グノーシア」が潜伏してることが判明。

 

グノーシアは普通の人間との相違点はなく人間か人間ではない者、つまりグノーシアを見極めることは困難、

 

宇宙船の乗員は一晩ごとにグノーシアに襲われ命を落とすため命懸けで議論を行います。

議論の中で嘘をついているグノーシアを特定してコールドスリープさせることで人間の勝利、つまりは生き残ることができるのです。

 

しかし議論が終わると主人公と乗員の一人である「セツ」だけはどういうわけか記憶を引き継いで議論が始まる直前にループします。

そこでは前回とは違う乗員、前回とは違う役割で再び議論(人狼ゲーム)が行われます。

なぜ自分とセツだけループを繰り返すのか?このループを終わらせるにはどうすればいいのか?グノーシアとはどういう存在なのか?

とにかく登場人物、世界観、目的さえもわからない状態から始まり議論とループを繰り返していきあらゆる謎を解き明かすことがグノーシアのストーリーです。

では前置きはこのぐらいにして本題へ入りましょう。

 

ゲーム性

 

ゲーム性に関してはただの人狼ゲームです。

しかしこのゲームの面白い所が淡々と人狼ゲームするだけではないところ。

前述した通りループを繰り返すたびに人数、役割は変わります。

これは主人公である自分も例外ではなく自分がグノーシア(人狼側)となることもあれば人間でありながら人狼をを生かす役割のAC主義(アンチコズミック主義)、1日に1人、人間か人狼を見分けられるエンジニアなどすべての役割をこなせます。

 

自分がグノーシアの時にはどうやって人間を騙し,陥れるか、エンジニアの時にはグノーシアに襲われることを覚悟で名乗り出るか、AC主義者の時にはグノーシアを勝たせるためにどうグノーシアを見極め生かすか。

役割に応じて議論での立ち回りは変わってきます。

 

これがめっちゃ面白い!!

 

ぶっちゃけ「オフラインの人狼ゲームなんて面白いのか?」という疑問を抱く人も多いと思います。

しかしやってみればそんな心配はすぐに消え去ります。

たかがAI、プログラムだと侮ってはいけません。

議論以外の場ではレベルアップして自分を強くしたり乗員と協力関係を築くことも可能です。

しかし協力を求めてきた乗員がグノーシアだったりするから面白い。

 

セリフや展開に大きな違いはなくとも1回のループ(議論)は10~15分程度でかなりの中毒性があります。

議論が結末を迎えた段階でグノーシアが生き残った場合は一目でわかるように悪い意味でドキッとするような表情をされます。

グノーシアの悪い顔通称(グノ顔)公式曰く自分が買ったか負けたかすぐわかるようにあえて不気味な表情にしたとのことです。

(それにしても一部の人が怖すぎるんですが・・)

 

ぼくはクリアする頃には120ループくらいしてましたがまだまだ全然楽しめる自信はあります。それぐらい飽きない内容となってます

 

ストーリー

 

本作はネタバレしてしまうと極端に面白みがなくなってしまう演出、展開、ラスト、となっているのでネタバレ無しで面白い所を紹介します

乗員が個性的すぎる!!

明らかに見た目宇宙人の「しげみち」猫と融合した男「シピ」喋るイルカ「オトメ」このゲームの登場人物は個性の塊。

ループを繰り返していくうちにその乗員たちと交流を深めることになりなぜそのような姿になったのか、宇宙船に乗る前の母星では何があったのか、将来は何をするつもりか等、各キャラクターごとにイベントが用意されています。

その内容は悲しい系、ホラー、笑いに全振りしたイベントまで様々、知らないことだらけの世界でキャラの素性、世界観が少しずつ見えてくるのは面白い。

 

ゲーム性とマッチしたストーリー

 

本作のストーリーは数あるゲームの中でも間違いなく上位のものと言えます。それほどまでに素晴らしかった。

 

このゲームの目的はセツと主人公に起こるループを止めること。

冒頭で説明した通り主人公とセツはそのために必要なことは何か?何もわかりません。

それでもループを終わらせるために試行錯誤するセツと主人公、その過程で明かされるグノーシアの正体、本作の世界観、ぼくはこれにどんどん引き込まれました。

もう読み進める手が止まらなかったよ!次の日早起きしなきゃいけなかったのにガッツリ夜更かししたよ!!

プレイしてるぼくも主人公と同じ目線で何も知らない状態なのでストーリーが進むにつれて次々と明かされる衝撃の事実、この見せ方がとにかく上手い!

 

BGMも種類は少ないんですが状況、雰囲気に合ったなんとな~く不安な気持ちにさせられるようなものが数多くその使いどころもうまいです。

 

そして最後はこのゲームならではのとってもとっても面白い仕掛けが用意されています。

それは是非とも実際にプレイしてみてくださいな。

 

総評

結論から言うと

面白すぎました!!

人狼×SF×ループという面白い要素だらけの本作ですがそれを何一つ無駄にせずものすごくうまく融合させています。

人狼×ループものでは「レイジングループ」が前例として挙げられますがあちらもかなり好評な模様でもしかしたら今後は「人狼×ループ」というジャンルが流行るんじゃないのかな?

 

ネタバレに気を付けたせいであまり魅力が伝わらなかったかもしれませんがほんの少しでも気になる人は是非ともやってみてほしい。

このゲームをクリアしたぼくからいわせると

「何も知らない状態でグノーシアできるのはうらやましい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA