血まみれのイベント、ゲームのゾッとした瞬間3

   2021/03/19

おしりでーす。
前回前々回と書いたゾッとした瞬間も今回で3回目です。
いつも通りネタバレしながら書いていくんでよろしくぅ!

ウィッチャー3

魔女3人組イベント

オープンワールドアクションRPGウィッチャー3の沼地の魔女イベントです。
本作はCEROがZなだけあって敵の首が吹き飛んだり血が噴き出したりとグロシーンはかなり過激。

中でも1番生々しい(とぼくは思う)シーンが魔女3人イベントです。

ゾッとする要因は

なんといっても見た目!!

この魔女3人の見た目がかなり汚い・・リアルくさった死体です。

ということで1人ずつそのきもさを見ていきましょう。

まず1人目はデブ、こいつに関してはほか二人と比べてまだマシな方、(といっても普通にきもいけど)顔は藁の断面のようになっており人によっては嫌悪感を抱くかもしれません。

次いで人体アクセサリー、見た目はボロボロの服装に血が付着しているだけですが人間の耳や腕をぶら下げた首飾りを身に着けていて悪趣味極まりない。

このイベントでも人間が切り落とした耳を新たに首飾りに通していきます。

 

最後は腐った死体、まあ、、、、顔よね、、、

こいつだけ素顔を見せていて腐っているのか顔の周りには常に虫がたかっています。歯抜けに目は蜂の巣、こいつの顔だけは見るに堪えない。

この三人を前に主人公のゲラルトは、、

タペストリーとはずいぶん違うな

ちなみにタペストリーはこちら

そりゃあがっかりするわ・・・

お姉さんのお店で写真だとすごい美人なのにいざ指名して近くで実物を見ると全然違った時と同じ気分でしょうね。

選択次第で展開が変わるみたいなんですがぼくの場合村長が耳を切り落としてこの魔女に差し出しました。それを見た瞬間グロ耐性のあるぼくでもゾっとしましたね。


真・女神転生4F 

アサヒ死亡

名作RPGメガテン4fの終盤にて倒すたびに知性と力を増して復活するシェーシャに主人公が襲われます。それをかばう幼馴染のアサヒが

食われます・・・

4fでは過去作のメガテンと比べて仲間とわいわいしてる明るい雰囲気ですがこれ以降主人公の不死身の体も不死身でなくなったり倒していたと思われた多神連合という敵悪魔軍団の快進撃が始まったりと一気に緊張感が増します。

この後ルート分岐があるんですが皆殺しルートだと選択肢次第でアサヒは死んだままです。
だけどその反対に絆ルートならめっちゃ都合よく生き返りハッピーエンドになります。

ピクミン2

アメボウズ

突然空から降ってくる謎の生物アメボウズ。
倒せないうえにローラーによる即死攻撃。見た目も不気味さ満点で半端ない初見殺し。

逃げて逃げて逃げ続けてよう紫ピクミンの力で倒すことになるんですが

 

決戦フロアではメタ的に安全と思われていた休憩エリアにも容赦ない即死ローラーで侵入してきます。


このゲームは終盤の敵がゾンビみたいに復活したり広範囲即死攻撃をしてきたり他にもトラウマ要素たくさんですけど結局こいつが1番怖かったです。

だけどこういうこと書いてておもうことはピクミン2むちゃくちゃ面白かった

ダークソウル

ミミック

初見殺しはダークソウルあるあるなんですがこいつはその中でもザ・初見殺しです。

ダークソウル2で初めて出会ってしまったんですが出てくるタイミングが悪い!
割と終盤のダンジョンでようやく出てくるから「宝箱を疑う」ということを知らないままなんですよ。
で、いきなりこいつが出てきて1撃でやられちゃうんですが・・・

何が起こったか理解できない・・

ほとんど遭遇しない敵なだけに引っかかった人も多いでしょう。
ぼくは2回目は攻撃すればすぐ倒せると勘違いして近距離で殴ったらまた食い殺されました。

こんなの知らなきゃ絶対やられるよ・・・

カオスヘッド

将軍からのプレゼント

ホラー要素の多いカオスヘッドではチャットで将軍という謎の人物から「妹は誘拐した。」というメッセージが送られてきます。妹を助けたければ指示通りに動くよう脅される主人公は妹に電話をかけるんですが、何故か妹の携帯の着メロが部屋に響き渡ります。音をたどると・・・

段ボールにたどり着きます

改めて将軍からのメッセージを読み返してみると

PSプレゼントは受け取ってもらえたかな?

と、最後に意味深なメッセージが書かれてました。恐る恐る音楽の鳴る段ボールを開けると中身は・・・・

妹の携帯と右手首でした


まあ怖かったですね~。シュタインズゲートの脅迫メールの時みたいにこれ絶対なんかやばいこと起こるだろと思わせるような雰囲気でしたもん。
でもまさか手首が入ってるなんて・・・怖ぇよ。
では今日はこのへんで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA