ぼくは今だに作り込まれてるFF8のことが好きなんだーー!

   2020/05/30

おしりでーす。

 

今日は世間一般では不人気なんだけれども個人的に好きなFF8の特徴的なところでも書いていきましょうかね~。

FF8は7と同じで王道ファンタジー路線を辞めて独特な世界観にしました!という感じのゲームです。

モンスターやラスボスの存在はハッキリしているんですが主人公含め敵と戦う登場人物は‘魔女‘を除いて全員普通の人間です。具体的にはモンスターと戦うには無力だからGF(ガーディアンフォース)の力を借りて重い代償と引き換えに戦う、魔法を使いこなすことはできない等他のRPGでは当たり前のようにできることがGFなしでは何もできません。

それ故にゲームシステム、ストーリーがすっごい賛否両論分かれるものとなりました。

他に類を見ないRPG

RPGといえば‘レベルを上げて装備を整えて強い敵を倒す‘これが基本ですよね。しかしFF8はこいういった考えのプレイヤーを否定します。

まずレベルを上げても強くなれません、理由は自分のレベルに応じて全ての敵が強くなるから。
装備を整えずただレベルを上げるだけではいつまでたっても強くなれない、ただレベルの高い敵からは良いアイテムを入手可能なので無意味ではないんです。

じゃあどうやって強くなるのかというと非常に特徴的なジャンクションシステムです。

 

GFと魔法を各キャラクターに装備させるジャンクションシステム。
簡単に説明するとGFを装備して装備したGFに応じてステータス(力とかHPとか)に魔法(1種類100個まで)を装備できるようになるというものです。(もうちょいややこしいけどここでは省く!)

FF8ではこれさえできれば常にボスを圧倒できる強さになれます。FF8は魔法を集める収集ゲームといっても過言ではないでしょうね。
ストーリーにも大きく関わってくるのでこのジャンクションシステムをよくわからないまま進めるととにかく面白くない・・・・

このゲーム性の長所を挙げるならきちんとシステムを理解した人はレベル上げなんかしなくてもサクサク進められる。
短所を挙げるなら分かりにくいうえに魔法を常に入手し続ける必要がある。

初心者にはとっつきにくいからここで賛否両論なんですよね~

不親切な仕様

一応チュートリアルはあるんですが辞書のような扱い、わからないことがあれば自分で探して理解しろ!というスタイル。

恐らくこれも不評たる所以でしょうね。
前述した通り魔法を装備するんですがこの魔法がアイテム、消耗品なんです、なので使ってばかりだと強くなるためのアイテムがなくなるという仕様。
魔法の入手方法はドローと精製があります。

ドローでは敵が持ってる魔法を奪えます。しかしこれがむちゃくちゃめんどい!
実質レベル上げともいえるんですがこんなもんやってられるか!ってぐらい面倒。

 

しかしFF8には精製という魔法を簡単に大量に作る方法があります。(面倒なドローという作業をする必要なんてないんや!)
主に敵が落とすアイテムを元に魔法を生み出すんですが

普通にやってて気付きにくい・・・

この精製とジャンクションシステムさえ理解してれば面白いんですが自分で見つけろスタイルだから初見だと気付きにくいんですよ。ハッキリ言って精製が無いとテンポ悪すぎのクソゲーです。

それと世界の至る所で入手できるGFなんですが取り逃がすと入手不可になるやつも多数存在します。
めっちゃ重要なのに2度と手に入らないってどゆことー!?しかもわかりにくい奴もいっぱいいるし!

これだけはマジでやめてほしかったですね~ゲーム開始4時間ぐらいで2,3体取り逃がしたことに気が付き泣きながらやりなおしましたよぼくは。

ゲーム性は面白いんですが以上のことからこのゲームの楽しみ方がわからずFF8を投げ出す人が続出。気持ちはわかるよまじで。

作り込まれたストーリー

ストーリーはめちゃくちゃ面白いんですがゲームシステム同様自分で考えろ!スタイルなんですよね~具体的になにが面白いかというと世界観、キャラの心理、ゲームシステムと絡み合ってるストーリー、等々1週じゃ完璧に理解できないんですがかなり作り込まれた内容です。

当時中学生だったぼくはFF8をクリアしたんですが2,3ヶ月後ふいにFF8のストーリーについて考ええだしここにたどり着きました。


考察すればするほど面白い。作中で気付けなかったけどこのゲームはこんなにも作り込まれていたのかと驚愕しました。

なのに知ろうとしなければ知ることはできないからもったいない!
もうちょいいろんな場面で分かりやすいようにしてくれればと思いました。

クリアした翌日学校でこれ言ったら結構キレ気味で『殺すぞ』と言われました。

クリアして今だにおもってること

とにかく不親切で効率の良い進め方を知っている人とそうでない人で評価が分かれるFF8なんですが公式が精製やストーリーについてわかりやすく説明してくれればこれほど不評にはならなかったと思うんです。

もしもリメイクされたらの話ですがゲーム性はそのままでストーリーをもう少し補足してもらえればと思います、ラスボスの正体や結末についての‘答え‘はいらないけど作り込まれてるのに作中で語られない部分が多すぎてもったいない。まあディスク4枚だったことを考えると色々都合が悪かったんでしょうけどね。
悲しいことにFF7リメイクががいまだに発売されてないことを考えると希望はもてませんね。

エンディングについての考察も
主人公死亡説ラスボスヒロイン説ラスボスキスティス先生説等あってクリアした後に見るとどれも根拠があって面白い。

FF10をクリアしてFFシリーズに手を付けつけ始めたぼくですがこれほどまでに奥が深いことに気付いてからは10の次に好きなFFです。
このゲームが再評価されないままなのはどうしても我慢できないからもう少し頑張れスクエニさんよぉ!

追記

と、思っていたらリマスターしてくれました。

このページを見て少しでも気になった人は是非ともやってくれ!みんなが面白いと感じるかどうかはわからないけどぼくはめっちゃ好きなんだ!

以上、おしりのFF8の思い出でした~

では今日はこのへんで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA