steamのメタゲー「OneShot/ワンショット」をクリアした感想。

   2019/10/01

おしりです。

昨日steamで配信されている優良(有料)ゲーム「OneShot」(ワンショット)をクリアしました。

知らない人のために解説すると、

崩壊した世界を救うために主人公の「ニコ」と神様である自分の二人でゲーム内、ゲーム外から攻略していくメタアドベンチャーゲームです。

画像を見てもらえればわかる通り、RPGツクール的な雰囲気でそれに加えてメタゲーであることを活かした面白いギミックが多めでした。

ちなみに真エンディングまでは1日あれば余裕でたどり着けます。いつもより短い時間でクリアできるゲームがやりたいときにおすすめ。

メタいことを売りにしてるゲーム

本作の特徴といえばメタ!

ダンガンロンパV3や君と彼女と彼女の恋。、ドキドキ文芸部のように

ラストでそういった要素が出てくるのではなく最初の段階で謎の存在から主人公のニコではなく自分に向かってメッセージが向けられます。(ホラーではない。)

んで、ゲーム本編はワンショットの再起動が必須イベントだったり特定の場所でフォルダを開き、ファイルを移動させたりとゲーム外でやることが多いPCゲームならではの謎解きが多々あります。

そんな感じでとりあえずはクリアしたんですがぶっちゃけそういった仕掛けは面白いと思うけどもそれ以外の部分はそんなに面白くないんですよね。

まあその時は「う~ん・・」と思っていたんですが本作はニーアみたいな「2週目からが本番」タイプだったので真エンド到達後は割と楽しめたなと思っています。

本番である2週目

※ここから先はそこそこのネタバレを含みますのでそのつもりでお願いします。

 

2週目も序盤は同じような内容なんですがニコは神様である自分のことを覚えていたり

自分がどういう存在なのかを知ることになったりとストーリーも1週目の「のほほんパズルゲーム」とは打って変わってガッツリ「メタゲー」になります。

しかも世界がモザイクみたいな謎の危険物でかなり世紀末な感じになるしめちゃシリアスです。

 

ここからはラストまで結構面白いです。

2週目というけれど序盤の方で展開が大きく変わるからゲームで同じことするのが面倒な人でも苦にならないかと。

そしてラストは感動のエンディング!

らしいです。

steamのレビューではそう書いてました。(ぼくは感動しなかったけど)

ぼくにとってのメタゲー必修科目はアンダーテール、君と彼女と彼女の恋。、ドキドキ文芸部の3つなので優先順位はこちらの方が高いですがメタゲーが好きな人は楽しめるかと。

 

今回はこれで終わりなんですが重大なネタバレに気を付けるとなんか中途半端な感じになっちゃったね。

でも気になる人は是非ともやってみてほしい。

「アンダーテールよりちょっと面白くない」程度には面白いから。(ごめんね。良い例えが思い浮かばなくて!)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA