ソウルシリーズ以上の攻略難易度!?仁王をクリアしました。

   2019/06/14

おしりでーす。

この前ようやく仁王をクリアしました。
今回は仁王をやろうと思ってる人には是非ともみてもらいたいです。もちろんそうでない人も見ていってね。

基本的にダークソウルと同じ

やってみた感想としてはほとんどダークソウルでしたね。何回も死んで覚えて攻略していくゲームでした。ただ多少違う所もあるんでそれを紹介しましょう。


武器にスキルがある。

仁王では多種多様な武器があって好きな武器を装備して戦えます。ダークソウルでは武器ごとのスキルはありませんでしたが仁王ではレベルアップや武器の熟練度を上げることで入手する『サムライスキル』で各武器のスキルを習得できます。

もちろん1つの武器のスキルを習得していけば雑魚には困らないぐらいに強くなれるんですがボスが相手だとそうもいかないので最低でも2種類は使えるようになっておかないと積みます。
戦闘戦闘面ではソウルシリーズと比べて少しスピーディでした。主人公の動きは全体的に早いですし2段階回避や弓、銃なんかもあってできることは多いです。

さらに忍者スキル、陰陽スキルがあってこれらで自分強化、相手弱体化、毒手裏剣による状態異常など変化球による戦い方も可能となっています。

そしてなんといっても1番の特徴は九十九武器。
ゲージを貯めると無敵状態でボスが相手だろうと一方的に攻撃できます。

しかし攻撃を受けるとダメージを受けない代わりに無敵時間が減ります。体力が減らないからと言って正面から突っ込むと一瞬で終わります。(結局ヒット&アウェイかい!)


クリアした感想

むちゃくちゃ難しかったです。ダンジョン攻略は面白いんですがボス戦の難易度が高すぎです。正確には敵が強いというより敵の攻撃力が半端じゃなく高い。ぼくはブラッドボーンを3週してるんですが(エンディング全部見たでドヤァ)大体それと同じぐらい攻撃力が高いです。(おかしいやろ!)

 

ほとんどのボスは動きを完全に覚えて全ての攻撃に対応できるようにならないと倒せません。なので20回ぐらい同じボスにやられるなんてこともざらにあります。しかも一発でやられる攻撃だったり麻痺で動きを止める技(次の攻撃をよけられないから実質即死攻撃)もバンバン使ってくるんで正直ソウルシリーズより難しかったです。

まあ面白かったんですがぼくの中ではソウルシリーズには遠く及ばないなと思いましたね。

ソウルシリーズですらノーダメージで攻略できる猛者にとっては丁度いい難易度かもしれませんがぼくには難しすぎました。(涙目)
結局何が気に入らなかったかというとボス戦だけです。ダンジョン攻略は最高に面白いけどボス戦をあれほど難しくしたせいでなかなか進めませんでしたからね。難しい=面白いじゃあないんだよ。

仁王2が発売されるみたいな噂はありますがまあ気が向いたらやってみようかな程度。

では今日はこのへんで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA