王道バトル漫画『トリコ』は名作だよね。

   2019/10/02

おはようおしりでーす。この最近ゲームしてないんでまた漫画の話でもしましょうか。

 

今回は元ジャンプの看板漫画トリコ!

当時リアルタイムで毎週ジャンプを買って読んでたぼくは読みきりの時点で面白いと思いましたね。その数週間後に連載開始されてからも他の漫画と比べて頭一つ抜けて面白い。毎週わくわくしながら読んでました。

アニメ・映画・ゲームまで制作された人気コンテンツなので知っている人の方が多いとは思いますが一応内容を説明しますと。

主人公トリコは世界中を飛び回り新種の食材を見つけだす『美食家』。

 

そして相棒である料理人の『小松』。この2人がコンビを組みまだ見ぬ食材を求めて冒険をするという


王道バトル漫画です。

この漫画の何が面白いかっていうとやってることはモンハンなんですがただ獲物を狩って終わりではなく

 

悪の組織との対面や

謎の生物の襲撃


等々毎回アクシデントが発生し死闘の末ピンチを乗り越える展開はむちゃくちゃ面白い。
作者は本当に王道をわかってると思う。

作者は前作の『世紀末リーダー伝たけし』を書いてるときにワンピースみたいな漫画が描きたいけど自分は絵が下手などと作中で言ってたんですが普通に迫力あってうまいと思う。

 

序盤で登場する『トミー・ロッド』という敵がいるんですがこいつが恐ろしく強い。


トミーとの闘いは数あるバトル漫画の中でもトップクラスに面白いと思う。

まあぶっちゃけそれだけじゃないんですが全部書いてると長くなりすぎちゃうんで残念ながら割愛。細かい所は是非とも読んでもらいたい。


なのでトリコという漫画を簡単に表すなら


最高に面白い王道ジャンプ漫画


他のジャンプ漫画でもトリコネタが使われるぐらいに人気があって当時の勢いは本当にすごかったんですよ。


ただし終盤の展開はダメだ!


長く続いた漫画にありがちなことではあるんですがインフレ&インフレでトリコも終盤わけのわからないことになります。

 

初登場時は捕獲レベル21という圧倒的な強さでトリコ、読者共に衝撃だったデビル大蛇。しかし終盤の敵は

 

捕獲レベル6000!!!


もう何を基準に考えればいいかわかんないよ、、(名前キンタマントヒヒって、、)

さらに読み続けてきた読者でも理解困難な設定なんかも出てきて怒涛の失速でした。
そして迎えた最終決戦。これが


面白かった!


意外と面白かった。このまま残念なことになるかと思われたんですが最終決戦から最終回までの展開はかなり良かったです。

トリコが連載されてた時のジャンプはナルト・ブリーチ・ハンターハンター(キメラアント編)がまだ現役で今と比べてトップがすごかったんですがその時代に看板漫画として連載されるほどの人気ですからね。終盤の失速は残念ですが駄作とは言わせない。

では今日はこのへんで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA