トラウマゲーム『クロノボックス/ChronoBox』をレビューします。

   2021/02/21

おしりでーす。
この前YouTube見てて「あっ、これちょっと気になるな」と思うゲームがあったので買いました。

その名は『クロノボックス/ChronoBox』18禁PCアダルトゲームです。
まあ世間一般でいうエ〇ゲーですよ。


ぼくはゲームにHシーンは全く求めないんですが(噓じゃないよ信じてね。)動画内で名作と言われててアマゾンやブログの評価なんかも見たところ高評価だったので早速平日の昼間からエ〇ゲーをプレイ。

ぼくの私生活はあまり人には言えないね。

平和でお盛んな

ストーリー前半

ノベルゲームなんでまずはストーリーの前半から、基本的には一本道なんですが適当にやってると見逃しちゃうイベント(Hシーン)もあります。
一応少しネタバレを含みますのでそのつもりで。

舞台は天使島と呼ばれる島。

天使島にあるエデンという学校に通う主人公「那由太」。

と、これから合体することになるであろう女の子達。
序盤は大体想像通りのエ〇ゲ日常会話が繰り広げられます。

で、開始40分ぐらいでもう合体シーン。

ちゃんとした(18禁))エ〇ゲーは初めてだったんで思ったより濃厚なシーンにおしりもびっくり!

実家暮らしだから何の迷いもなく音量下げたよ!


ここまではぼくが想像してたエ〇ゲテンプレ展開なんですが、
1人の女を完全に口説き落とした後黒い箱が出てきて

???な展開に。おそらくこれがタイトルのクロノボックス、黒のボックス?なんだろな~と思いながら進めると

何故か冒頭のシーンに戻る。

『えっ!あの後どうなったの?』という疑問が残ったまま2人目のヒロインとやることに。
前半は5,6人ぐらいこの繰り返しですね。(Hシーンは音量注意でした。)

正直面白くはないけどもこの段階ではなんとな~くループ物の雰囲気が漂ってきているので今後の展開に期待して読み進めます。

ループの途中では

屍(かばね)という謎の女に出会います。

屍は自分のことを吸血鬼などとわけのわからないことを言ってきたりループごとに記憶を無くす主人公とは違い記憶を失わずにループしていたりと重要神撫であることは間違いなさそうな人物

繰り返される冒頭部分でBGMにノイズが混じる、背景や海が赤くなる等なんとなく不気味な雰囲気がただよってきます。

意味ありげな不気味なシーンも多くなってきます。

 

 

そんなこんなで本作をトラウマゲームたらしめている連続拷問殺人イベントの始まりです。

主人公達は突然学校内に閉じ込められ脱出が困難な状況に陥ります。

その異質な状況で出会った殺人鬼がこの「黒山羊」。

黒山羊の正体も目的も不明ですが突如現れたこの男は学校中の女子生徒を次々と拷問し、殺していきます。

あまりに凄惨すぎてゲームとはいえ見ていてキツイ・・・


生き残るべく主人公達は学校を脱出し、後半の舞台へ。(むちゃくちゃ怖かった。)

前半の内容は大雑把にいうとこんな感じです。4人目ぐらいでうわぁワンパターンでしかも痴女だらけの抜きゲーやんけ・・と思いながら家族に見られないようにプレイしてました。

この時点では『カオスチャイルド』みたいなゲームを期待してたんで正直そんなに面白いと思いませんでしたね。ただ主人公が中田氏しまくるエ〇ゲーだと思ってました。

鬱、鬱、鬱、どぎつい

ストーリー後半

そして舞台は変わり物語は後半へ。前半は主人公がお盛んなシーン多めだったので気が付かなかったんですがプレイヤーは主人公視点ではなく登場人物全員の行動を見れる神の視点なのでガラッと雰囲気が変わります。

つまりここからは、、、

 

まさかの主人公交代です。

後半からは今まで謎の多かった屍の視点で物語が進行し、謎だらけだった非現実的な現象の伏線回収や世界観の解説がメインです。

後半は怒涛の伏線回収と本作のテーマ、人間の醜さや狂気が描かれています。
前半の中田氏三昧な日々が噓のように思えるくらい残酷なシーンが多いです。
ラストまでただただ胸糞展開でした。

そして主人公もヒロインも幸せになることもなく(解釈次第だと思われるけどぼくは救いの無い結末だと思った。)この物語は終わります。

そしてエンディングを迎えるわけですが後味悪いラストです。

後半の内容は9割ネタバレになるんでこれぐらいしか書けないです。
前半部分は前述した通りぼくが想像してた通りのエ〇ゲーだったんですが後半はかなり面白かったです。

他のゲームでは味わえないであろう謎が解明された時のあの嫌な感じ。本当に胸糞展開が続く後半は他のゲームでいう『あ~そういうことか!』みたいなスカッとするシーンは無く『マジかよ・・くそっ』ってなることのほうが多かったですね。

クリアした後に言えることは面白かったです。
ただ一言に面白いで片付けていい内容はではないですね。理性を失った人間や二重人格、割り切れない感情等、人間について考えさせられる作品でした。グロに耐性のある人には是非!

余談ですが君と彼女と彼女の恋。というアダルトゲームもこの後プレイしてみたんですが結構面白かったです。
あれ!?エロゲーって面白いのか!?
では今日はこのへんで~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA