伝説の神ゲーである「ポケモン ベガ」を評価しよう。

   2021/01/08

おしりです。

前回はポケモンアルタイル、シリウスの話をしたんですがぼくが本当にすごいと思ったのは今回の「ポケモン ベガ」です。

こちらも非公式のポケモンで元となっているポケモンはファイアレッド、とはいってもほとんど原型はないです。(ほめ言葉)

まあ一言でいうと

神ゲーですよ。

前作との変更点

前作アルタイル/シリウスとは全くの別物といってもいいくらい進化してます。

大きな変更点は

物理・特殊の仕様が第四世代と同じく技ごとに分けられた。

前作も難易度が高かったが今作は比にならないくらい高難易度

本家のポケモンは第五世代まで収録、からやぶ等の技は使えてワルビアルやナットレイも登場する。

悪の組織のボス、「ターナー」という最強ボスが登場。

変更点はこんなとこかな?

 

アルタイル/シリウスが三世代仕様だったこともあり五世代仕様となった本作ではその進化っぷりが顕著になっています。

 

収録ポケモン、ストーリー共に圧倒的ボリューム!

前作の収録ポケモンは203種類、それに対して今回は386種類!!

しかも物理・特殊の仕様変更や新しい技の登場で原作ポケモン、オリジナルポケモン共にパワーアップしています。

こんなにたくさん用意してくれたこともうれしいんですが本家ではゴミのような扱いだったレディアンやペラップが進化できてある程度使えるようになってるのもよかった!(ぶっちゃけそんな強くないけど…)

 

ボリュームも前作以上で完全オリジナルマップのトーホク地方で色んなイベント、ポケモンと出会います。

前作にて登場したモスギスは今回も出番があります。

前作にて重要な立ち位置にいた「ネメア」も登場。

最強ボスであるターナーまで倒そうと思ったら全国図鑑を完成させる必要がある(一部免除)から何時間かかるかわからん!

そして最強ボスなだけあってターナーの手持ちは全員レベル100の専用ポケモンというぶっ壊れ性能で鬼のような難易度。

 

ほとんどすべてがオリジナル!

前作のアルタイル、シリウスはエメラルドが元で原作のマップ、BGMは多めだったんですが今回はそのほとんどがオリジナルです!

公式が作ったとしか思えないクオリティでマップ、ダンジョン共にきっちり作りこまれてました。

こんなダブルバトルもあります。

映画「ミュウツーの逆襲」とはまた違った所でアーマードミュウツーを見ることになるとは・・・

2作クリアした感想

アルタイル・シリウスは「まあ結構面白いな」程度、しかしベガは衝撃でした。

本家より面白くね?

というのが正直な感想。

本物に失礼ではあるけどGBAのポケモンで1番面白いのは間違いなくベガだと思う。

このセリフやコピーポケモンといった要素が多いのは映画「ミュウツーの逆襲」を意識してのことかな?なんにしても原作のポケモンではありえないような展開はポケモンファンからするとうれしいですね。

シャレにならないくらい難易度は高いんだけどストーリーは気になるしまだ見ぬオリジナルポケモンを見たいから頑張れる。

 

しかもオリジナルポケモンのデザインがセンスの塊だからね。

 

にしても面白かったわ。

製作者には感謝ですな。これは本当に神ゲーだと思う。

やり方は簡単ですがもしプレイされる方は自己責任で。

ぼくはおすすめはしませんし責任もとれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA