鬱ゲーで名作と噂の『魔女の家』やりました。

   2021/04/30

おしりでーす。
前から気になってた魔女の家やりました。

魔女の家?という人のために説明しますと超人気の無料PCゲームです。

かなりの人気作だったようでsteam、スマホでも遊べるようになっています。
主人公ヴィオラは迷い込んだ魔女の家から脱出するために家の仕掛けを解く
謎解き&ホラーゲームです。

 

ゲーム画面はこんな感じでスーパーファミコンのドット絵みたいですね。

できることは歩く、走る、アイテムを拾う、使う、ほとんどこれだけの2Dホラーアドベンチャーです。

 

家の中は色んな仕掛けがあるんですが敵との接触や選択肢の間違いは即ゲームオーバーになります。ちなみにぼくは20回ぐらい死にました。(キーボードの操作が案外難しいんじゃあ!)

クリアしたんですが

そんなこんなでクリアしました。ぼくはだらだらやったんですが大体1時間半ぐらいですね。ゆっくり進めても2時間かからないです。


ここからの感想は多少のネタバレを含みます。

家の探索はよーく調べると謎解きのヒントがあってちゃんと考えれば先に進めるようになっています。ただぼくはこういうのが苦手なんでだいぶ苦戦しました。(こういうゲームは深夜廻しかやったことないもんで・・)

ホラーゲームなのでもちろん追いかけられたり驚かされたりっていうシーンもあるんですがやってて思ったことは


とにかく怖い!

(深夜2時にやってたから尚更。)

で、クリアしたんですがエンディングの内容はヴィオラが迷い込んだ魔女の家を無事脱出して追いかけてきた魔女をお父さんが射殺して終わりというものでした。
まあまあ面白かったけど結局魔女って何だったのか?所々置いてある魔女の日記の内容も結局どういうことなのかハッキリしませんでした。


しかしこのゲームはマルチエンディングで全部で4つのエンディングがあるようです。魔女に追いかけられる直前のデータをロードして2つめのエンディングを迎えました。(難しかったよぉ、、)この2つめのエンディングなんですが

絶対にやっとけ!


これは絶対にやっとかないとダメです。謎が明かされて『うわぁぁぁぁぁぁぁ』という気持ちになります。詳しいことは書きませんがノーマルエンドだけだと普通のホラーゲームなんですが2つめのエンドまで見ると鬱ゲーという印象が強く残ります。

そして残り2つのうち1つのエンドはノーセーブクリアが条件です。めっちゃ難しいんでyoutubeで見てください。セーブ担当の黒猫の正体が明かされます。

そして最後のエンドは放置エンドです。
ゲーム開始1時間何もしないでいると脱出ルートが開いてゲームクリアです。拍子抜けしちゃいますね。しかしこのエンドもあるメッセージがこめられているようです。

総評

いやぁ~怖かったー
怖かったです。めっちゃ!気になってる人には是非ともやってみてもらいたいですね。

予想できない展開、伏線の回収、鬱要素が詰まってます。長くても2時間あればエンディング2つ迎えられるんで映画を見るぐらいの気持ちでプレイできます。何より無料で面倒な設定なんかもする必要が無いんでPCが手元にある人には手っ取り早いです。

2Dホラーゲームの『深夜廻』とゲーム性が似てますんで夜廻が好きな人なんかはだいぶたのしめるんじゃないかと思いますよ。ぼくはそうでした!

いやぁ~無料ゲームだからって舐めてましたね。これはすごかったです。たまにはこういうゲームもいいですね。
では今日はこのへんで~。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA